蚊に注意!! - パピヨンブリーダー MikaFantasia ☆ Leader'sDiary~Talk to Oneself~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蚊に注意!!

今ニュースで度々耳にするデング熱
最初「天狗熱」に聞こえたのは私だけ?? 
(↑↑↑ではなかった(笑)チビも同じように聞こえたらしい。似たもの親子かしら(爆))
日本国内での感染は70年ぶりとか・・・

デング熱は人畜共通感染症で4類に分類→ 
ヤブカ属のネッタイシマカやヒトスジシマカがデングウイルスの媒介をするようだけど、ネッタイシマカは日本にはおらず(通常北緯35度から南緯35度の間、標高1,000メートル以下の所に生息)ヒトスジシマカが東北地方以南に生息。が「ヒトスジシマカにとってヒトは主な吸血対象ではなく、デング熱の媒介はまれである」とのこと。
aegypti01.jpg ネッタイシマカ

albopictus01.jpg ヒトスジシマカ
※衛生昆虫写真館より拝借
あまり違いがわからん!!

人→蚊→人の経路で感染で人→人の感染はないそう。
デング熱にかかった人は、ほとんどの場合、問題なく順調に回復する。治療せずに死亡に至る割合は1 - 5%で、適切な治療を行えば、その割合は1%を下回る。しかし、重症例における死亡率は26%に及ぶ。デング熱は、110か国以上で風土病となっている。世界中で毎年5,000万から1億人が感染していて、そのうち約50万人が入院し、およそ12,500 - 25,000人が死亡している。 (Wikipedia)

デング熱について調べたのは犬に感染するのかと感染が拡大するのかを知りたくて。
媒体はメスでウイルスを伝えていくようで、血を吸って栄養を取り産卵(50~100個)。寿命1ヶ月ほどの間に4~5回産卵するっていうからとっとと駆除しないとやばいですね。
※NHKデング熱 継続的な蚊の駆除必要が感染経路等とてもわかりやすい!
イタチごっこになろうと駆除活動が必要ですねぇ~
ウイルス保持者が増えてしまうとそれこそややこしいし。

どうやら犬にも感染するようだけど症状はなくウイルス保持者になってしまうようです。つまり血液検査してもらわないとわからない。。。なんか嫌な話!!

デング熱予防としては
第1 代々木公園付近には近づかない・・・これはうち物理的に無理だからOK
第2 蚊に刺されないよう対処・・・蚊取り線香や虫除けアロマに働いていただきましょう~♪

ワンコはフィラリア薬を飲んでいる時期なのでOKだけど
やはり蚊取り線香等駆使して予防するにこしたことありません。

今日もぼちぼち更新
ブログ村参加してます
毎日ぽちっとな~ありがとうございます
おさぼりしないようにぽちっとな~とよろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

犬ブログ パピヨン


人気ブログランキングへ

ちなみに私前は蚊に好かれる体質だったんだけど
この数年はあまり蚊に刺されることがない・・・
刺されなくなったと思ったら蚊のアレルギーになったらしく、
蚊が近くにいるとすぐわかる・・・あちこち痒くなる!!

デング熱を調べてたらこんなチャートがでてきてビックリ(゜ロ゜屮)屮
Infographic: The World’s Deadliest Animals  | Statista You will find more statistics at Statista
世界で最も人間を殺している動物

蚊媒介感染症のうち日本脳炎は予防接種があるから死亡することはないだろうけど、マラリアは恐ろしい病気だって聞いたことあります。1番多くの命を奪っているのが小さな蚊だなんて。。。

2位の人間はともかく4位の犬にも驚いたっ
まだまだ世界には狂犬病で命を落とす人達がいるってことみたい。
♥ 関連記事 ♥

ご訪問いただきありがとうございます♪ 引き続きお時間ある時にご訪問いただければ幸いです。

コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。