パピヨンの系統図&歴史♪ - パピヨンブリーダー MikaFantasia ☆ Leader'sDiary~Talk to Oneself~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パピヨンの系統図&歴史♪

2ヶ月程前下書きしてアップしてなかったものを仕上げてアップ!!

なぁ~んとなく今さらながら・・・だけど
再度パピヨン系統図が気になり調べてしまった。
見るものによって若干の違いがあるんだけど
自分なりにある意味納得でわかりやすい系統がコレっ

パピヨン系統図

PDFはブログに直接アップできなくで抜粋すると・・・
パルストリス  サモエド  ジャーマンスピッツ  スパニッシュドワーフスパニエル  ファーレヌ  パピヨン

パルストリス・・・って??
飼い犬の遺骨としてもっとも古いのは約五千年前のスイスの湖上杭柱牛活部落の遺跡から発見されたトルフ犬(学名=カニス・ファミリアス・パルストリス)のものだとされているとのこと。
世界大百科事典内 【イヌ(犬)】より
…パリア犬,中型日本犬などはこの系統のものであろう。他の二つは脳筐後端がオオカミのように低いもので,前者よりも大きいのをイノストランゼビ(頭骨長17.7cm前後),小型(頭骨長15cm以下)で脳筐がまるいのがパルストリスである。これらはオオカミとの混交が考えられ,前者からはハスキー,後者からはテリア類が生じたらしい。…


まぁこのパルストリスは超ご先祖様なのでおいといて
サモエド、ジャーマンスピッツの系統からパピヨンねぇ~と。
パピヨン ご先祖 サモエド サモエド

g-Spitz.jpg ジャーマンスピッツ
確かにポメラニアンってサモエドやジャーマンスピッツをぎゅ~って縮めた感じかも。
サモエドがご先祖の犬は、鼻先が尖っていて毛が密集しているのが共通点。

・・・確かにジャーマンスピッツのようなサイドビューのパピヨンいるよね。。。
ポメチックなのもいるし・・・昨日もkeikoさまとポメチックなパピヨンの話で大盛り上がりしたんだけど(爆)
アンダーコートあるのもそうなんねぇ~って感じだし、系統図見るといろんな意味で腑に落ちるかも(笑)


日本スピッツは、サモエドにジャーマン・スピッツを交配して、
小型化したものであるとする説があるそうである意味納得かな。

スパニッシュドワーフスパニエルって『リス犬』とか『リススパニエル』と言われていたそうで想像するにあたっては小さくて尾が巻いていた??
Gaudenzio_Ferrari,_Crucifixion,_1513,_fresco,_S__Maria_delle_Grazie,_Varallo_Sesia Gaudenzio_Ferrari,_Crucifixion,_1513,_fresco,_S__Maria_delle_Grazie,_Varallo_Sesias
1500年代以降、パピヨンがよく絵画に描かれていて見かけることあるけど
今のパピヨンとはかなり違う~っていうのが印象。
この絵画()見るとパピヨンというよりコーイケルホンディエに近いような気がする。
220px-Kooiker03.jpg コーイケルホンディエ
絵画の犬、バランス見るとあんまり小さそうじゃないしね。。。

ティツィアーノ作「クラリッサ・ストロッツィの肖像
このパピヨンも何か違う。。。
私的には鼻が黒くないところがいただけない。違う犬種に見える。
※インターネットで検索するといろんな中世ヨーロッパの絵画にパピヨンらしき犬が登場してますよっ

とにかくパピヨンはサモエドの系統で16世紀ヨーロッパでは高貴な方(貴族階級)の愛玩犬として歴史を重ねてきた犬であるのは間違いない。
パピヨンの起源については様々な説があり、
JKC犬種標準には原産国はフランス、ベルギーとあるけど、
スパニッシュ・ドワーフ・スパニエルはスペインが原産だし、
イタリアで多く繁殖され高値で取引されたという文献もあるようなので真実は定かではないのかな。

系統図歴史を頭に入れておくと違った目でパピヨン見れるのかな。
どっちにしてもパピヨンは可愛いからいいのぉ~♪

・・・次回はパピヨンの賢さについてがテーマだな  

ぼちぼち更新!!
ブログ村参加してます
毎日ぽちっとな~ありがとうございます
おさぼりしないようにぽちっとな~とよろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ

犬ブログ パピヨン

ブログランキング blogramで人気ブログを分析
♥ 関連記事 ♥

ご訪問いただきありがとうございます♪ 引き続きお時間ある時にご訪問いただければ幸いです。

コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。