虹の橋 - パピヨンブリーダー MikaFantasia ☆ Leader'sDiary~Talk to Oneself~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋

私は の橋 を信じています。

初代チャッピーを失った後2年ちょっといわゆるペットロス・・・
自分を責め続け、家族も私をことあるごとに責め、そして何より大切な子を失ったという悲しさでいつも心が潰れそうだった、そんなことがありました。
それを克服できたのは今のチャッピーとの出会いなのかもしれません。
その後軍団が多くなり、繁殖をし生まれたBabyが亡くなることもあり、やはりいつまでも自分の不甲斐なさを責め続けていた時ある人から
「そんなにいつまでも泣いていたらその子天国いけないよ。」
と言われ、嘆いていたらダメっ!!・・・そんな時この虹の橋を知りました。
rainbow01.gif
初めて読んだ時は・・・号泣です。
でも心が温かくなったというか軽くなりました。
今でも心がじ~んとして、こんな私でもポロリ・・・

死に対して慣れてしまったわけではありません。
悲しくないわけではありません。
でも虹の橋で先に旅立った子達と必ず会える・・・
そう思うことにしているし、信じています。

私が虹の橋に行くのはいつなのかわかりません。
でもきっと皆と会えるはず!!
待っていてくれるはず!!
喜んでとんできてくれるはず!!
まぁ中には「ばばぁがきたよ!逃げろぉ~」っていう子もいるかもしれません。
皆と会える・・・と思うと死に対しての恐怖感はかなりなくなるのも事実。


うちで生まれた子を迎えてくださるご家族には必ずこの虹の橋をお渡ししています。




先週、アニーが虹の橋に旅立ちました。
うちには成犬になってからきて3回お産をし、
奇跡のハニーとキュッキュッ・ライムが残っています。

MAKO WOOD'S ABBESS FCI
1999.5.12-2009.2.18
(9歳9ヶ月6日)

虹の橋で実家のお父さんと会えたかな?
実家のお父さんにう~んと甘えるといいよ!!
♥ 関連記事 ♥

ご訪問いただきありがとうございます♪ 引き続きお時間ある時にご訪問いただければ幸いです。

コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。